心に秘めた想いを自由に綴る場所です・・星空の下で
星空の散歩~君への想い
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
宝物のように
2008-08-05-Tue  CATEGORY: あの日

細い君の肩

やわらかな君の頬

可愛い君の唇

触れるだけで
壊れてしまいそう・・
ふと そんなことを考えていた

初めて
君と結ばれた夜


君の温もりも
白い肌のなめらかさも

あの時の僕には切なかった



宝物のように
君に触れ

宝物のように
君をそっと抱きしめた

壊れてしまわないように・・


そして
僕は何故か

君を思い切り
強く抱きしめた

どこにも行かないように・・


君の全てを見ているのに
決して
君の全ては僕のものにはならない

それがわかっていたから



切なくて 幸せな時間の中で
そっと
君の温かな指が
優しく僕に触れた時




あの時
僕の頬には
涙が伝っていたんだ


初めて
君と結ばれた夜

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/08 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 星空の散歩~君への想い. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。